市販のシャンプーの成分に含まれてる危険な成分

女性の薄毛改善のための正しいシャンプーの選び方!

突然ですが問題です!

 

Photograph of the houseplant

ここに枯れかけている観葉植物があったとします。

 

この植物には日光を当て 水も与えているのですが元気がなく害虫も付いています。

 

あなたなら どうやって この植物を元気にしますか?

 

栄養剤を与えますか? それとも害虫を退治しますか?

 

実は栄養剤は「育毛剤」、害虫は「パーマやカラーリング」そして「シャンプー」に相当します。

 

つまり、髪(植物)の改善には育毛剤(栄養剤)だけではダメで、害虫駆除も必要で それがシャンプーを選ぶという行為なのです。

 

Though it understands it, why is it what shampoo begins there that permanent and hair-coloring are bad to a scalp?

 

ほとんどの方が当然シャンプーは安全なものと思っています、でもそれは大きな間違いなのです。

 

ヘアケア業界の人間なら今市販されてるシャンプーはヤバイ、ということは誰でも知っています。
どうして美容メーカーは各社競って「安心安全」のイメージを強調するような宣伝をしているのかも。

 

答えは簡単、彼らは知っているからです。
シャンプーには本来的に髪や頭皮には悪影響を及ぼす危険な成分が含まれていることを

 

市販のシャンプーを1本全部飲むと確実に死んでしまう、と言われています。 これはそれだけ危険な成分が配合されているからです。

 

Oh, in the truth? … Why is an ingredient with the harm included in a body in shampoo?

 

それは購入する側である消費者のニーズにも問題があります。
例えば あなたは「泡立ちがいいものが良い」とか「洗いあがりがサッパリとするものが良い」と思ってはいないでしょか?

 

実際、今使っているシャンプーは泡立ちや洗浄力を基準に選んだ、という人がほとんどだと思います。

 

そうしたニーズに応えるために開発された成分が「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

 

ラウリル硫酸ナトリウム」とは

泡立ちを良くするための洗浄剤で、市販のシャンプーに多く含まれています。
ごく稀に皮膚障害を起こす恐れのある成分で皮膚の弱い方やシャンプーとの相性が悪い方の場合、皮膚障害を起こす恐れがあります。
大変泡立ちが良く浸透力や洗浄力が非常に強い反面、頭皮トラブルなどの原因ともされて、似たような成分にラウレス硫酸ナトリウムがあります。

 

これらは市販のシャンプーのほとんどに使われている成分で、一部で噂されている発癌性こそ否定されていますが、洗浄力が強く 必要な皮脂まで奪ってしまうため頭皮の乾燥を招き、これが かゆみやフケ等の頭皮トラブルの原因になってしまうのです。

 

Oh, ... should choose then what kind of shampoo??

 

シャンプーは「化粧品」と「医薬部外品」のいずれかに分類されます。
(医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもの)

 

洗浄成分である合成界面活性剤の種類によって「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つに分類することができます。

 

高級アルコール系シャンプー
高級アルコール系シャンプーは市販されているシャンプーに一番多いタイプで、鉱物油や動植物油脂などから作られる合成界面活性剤が入っています。(「高級」とは炭素型が多いという意味)

 

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムが入っているシャンプーのほとんどがこの高級アルコール系です。

洗浄力 刺激 頭皮の状態の適正
高い 皮膚に対する刺激は高い 頭皮が脂性の人向け

洗浄力が強く頭皮が脂症の方には向いていますが肌が弱い方には頭皮への刺激が強すぎる場合があります。

 

石鹸系シャンプー
石鹸系シャンプーは脂肪酸ナトリウムなどから作られる合成界面活性剤が入っています。

 

頭皮への刺激は弱いのに対し洗浄力はやや強め。頭皮の状態が通常から脂症の人に向いています。

 

ただし、石鹸系シャンプーはアルカリ性なので髪がゴワゴワしやすく、洗い残しのカスが頭皮や髪に残りやすいのが欠点です。

洗浄力 刺激 頭皮の状態の適正
高い 皮膚に対する刺激は低い 通常から脂性の人向け

すすぎを十分にすることと、アルカリ性に傾いた髪の状態を弱酸性に戻すために お酢でリンスするのがオススメ。

 

アミノ酸系シャンプー
アミノ酸系シャンプーにはアミノ酸から作られる合成界面活性剤が入っています。

 

洗浄力はやや弱めですが、髪や頭皮への刺激が低いのが一番の特徴です。

 

様々な頭皮の状態の方にオススメで、特に髪をよく洗う方、ダメージヘアの方、皮膚が弱い方に向きます。

洗浄力 刺激 頭皮の状態の適正
やや弱い 皮膚に対する刺激は低い 頭皮トラブルを抱えてる人向け

アミノ酸系にも合成と天然の2種類があり、アレルギーや頭皮トラブルのある人は天然のものの方が良いでしょう。

 

全てのタイプの頭皮に優しく髪に対しても低刺激で身体に対する安全性が一番高いのはアミノ酸系シャンプーです。
ですから、最も安心して使えるのはアミノ酸系シャンプーです!

 

Where can I buy amino acid-based shampoo in what?

 

女性専用のアミノ酸系のシャンプーは → こちらのサイトで紹介しているものがそうですね。
ただし、アミノ酸系シャンプーは高級アルコール系や石鹸系のシャンプーに比べて洗浄力が弱いため
時間をかけて丁寧に洗う必要があります。

 

また髪にボリュームを出しにくいことや価格が高めなのが残念な点と言えるでしょう。
シャンプーを選ぶときは皮膚や頭皮にトラブルが起きないか、まずサンプルを試してみましょう。

 

アミノ酸系のシャンプーは返品保証しているものが多いので、気になった商品は一度お試しで使ってみましょう。
ちなみに、マイナチュレシャンプーもアミノ酸系シャンプーですよ。

 

トップページに戻る               男と女の薄毛の違い